福井県民生活協同組合様 新保要冷・宅配センターが竣工しました。

2022年1月14日

  当社が総合工事監修を行った、福井県民生活協同組合様の「 COOP新保要冷宅配センター」の開所式が2022年1月14日に行われ、工期を前倒しして運用が始まりました。
 福井県内を広範囲に配達できる施設として他の施設と連携してサービスの向上に役立つ活躍が期待されます。

  本施設は、建物および付帯設備を地元ゼネコンの㈱新内様が設計・施工、監修を㈲藤田建築設計事務所様が行い、要冷設備 及び断熱設備は地元サブコンの㈱若竹産業様、㈱スカルト様が設計施工、監修を当社が行い、マテハン設備は㈱ダイフク様が設計施工し、監修を当社が行った案件です。
 建築、要冷、マテハンがコストオン方式ではなくそれぞれ別途発注し、総合監修を当社が受託するという変則的な案件で苦労もありましたが、工期内に竣工、開所式を無事迎えることができ、生活協同組合様の念願が報われたことを喜ばしく思います。

  生活協同組合様が進めている個配の拡充と蓄冷材の質、量を適える施設作りを第一に考え監修をしました。第二に床、壁、天井の断熱に配慮し、天井裏も含め結露の無い施設にするため断熱は勿論、外気処理用空調機や換気用送風フアン、除湿器の設置を要所に配置しました。
蓄冷材は凡そ-45℃ 22,000枚、-25℃ 32,000枚で効率的に作れる能力を計画し、ランニングコストも考慮した仕様になっています。マテハンは破材コンベアとの取り合い調整や壁貫通部の結露を最小にするべくエアーカーテンを設置しました。

  本施設が社会インフラの一端を担い、生活協同組合様の更なる事業発展に寄与することを期待しております。


建築概要

建築主 福井県民生活協同組合  
計画敷地 福井県福井市新保町10字26番地
敷地面積 27,064㎡(8,186.9坪)
建築面積 7,731.08㎡(2,338.86坪)
延床面積 7,852.62㎡(2,375.42坪)  
用途 工場(物流施設)
構造規模 S造 2階建
工期 2020年11月1日~2022年4月30日