実績紹介

みやぎ生活協同組合共同購入仙台中央センター新築工事

建築主
みやぎ生活協同組合
計画敷地
宮城県仙台市宮城野区苦竹三丁目1-1,1-16
敷地面積
9161.24㎡(2771.27坪)
建築面積
3107.79㎡(940.10坪)
延床面積
3082.90㎡(932.57坪)
用途
配送センター
構造規模
鉄骨造平屋
工期
2016年11月28日~2017年5月25日 (予定)
F&Pの役割

当社が関わった、みやぎ生活協同組合共同購入センターの関連施設は、「コープ富谷共同購入物流センター」「柴田センター」に続き、3件目の設計・監理業務の受託となります。前回と同様に、開発計画から携わり、土地仲介、基本設計、実施設計を行い、工事監理を担当します。
施設計画では、作業効率や従業員の福利面、BCP対応などを盛り込んだ先進的な施設となっています。従来は、同じ出入口で入出荷作業をしていたものを、北側に入口、南側に出口を設置し、入出荷の入口を分け、動線を効率よくするよう設計しました。また、従業員の福利厚生のため、屋内に談話室、さらに外気に触れリフレッシュできる様、屋上も設けられます。屋外にはBCP対策として、災害時には竈になるベンチも設置されています。