実績紹介

(仮称)ヤマト運輸成⽥ターミナル(Ⅰ期)新築⼯事

建築主
ヤマト運輸株式会社
計画敷地
千葉県成⽥市⼤字天神峰中央155-2 他-6筆
敷地面積
22,480.18 ㎡ (6,800.25坪)
建築面積
5,924.23 ㎡ (1,792.07坪)
延床面積
9,309.95 ㎡ (2,816.25坪)
用途
配送センター
構造規模
地上2階建 鉄⾻造
工期
2017年3⽉9⽇〜2017年11⽉30⽇(予定)
F&Pの役割

本プロジェクトをトータルでマネジメントするべく、基本計画、基本設計、実施設計、施⼯者選定⽀援を⾏い、⼯事監理を担当します。基本計画から基本設計、実施設計ではBIM*¹(Building Information Modeling )を活用し、3次元モデルをベースに関係者間との合意形成を円滑化を図るとともに、意匠・構造・設備の3次元統合モデルを作成し、総合図の整合性を高めて高品質な設計作業を推進しました。

*¹ BIMとは、コンピューター上に現実と同じ建物の立体モデル(BIMモデル)を再現し、よりよい建物づくりに活用していく仕組みのことです。