メンバーメッセージ

不動産系・営業系をご希望の方へ

専務取締役 専務執行役員
営業支援本部 本部長
小野 敬則

顧客の「不動産部」が代名詞
~パートナーとして認められる喜びと責任~

当社はお客様の施設計画、ファイナンス、リース、ファンドを活用する事業形態にまで踏み込んで相談に乗る、いわばお客様のパートナーです。単なるアウトソーシングとは異なります。お客様の役員陣が集う会議に「不動産担当」として同席しアドバイスを求められることもあります。やりがいに満ち、かつ責任感が求められる仕事です。お客様の戦略を理解した上で不動産の課題を解決する、これが当社とお客様の関係です。お客様の事業戦略を計画段階から共に担うから、早期にステップアップが叶います。建設会社や不動産会社出身でなくても、法人営業経験者ならば入社してからのOJTでできるようになります。現実に営業系メンバーのうち約40%は営業未経験者です。大事な事はお客様の役に立ちたいという想いです。社内の技術専門メンバーと共にお客様のニーズに向かい合って対応します。

建築・設備技術系をご希望の方へ

執行役員
設計・建設支援本部 副本部長
関口 聡

建築のパートナーとして、
最適な施設作りに貢献する仕事です。

建設部や不動産部を持たない企業が、新たに物流施設や商業施設等を新築・改修する際、建主や運営者、取引業者などの多くの関係者をまとめ、各種計画業務、工事監修業務、各方面への対応業務などを担うのが当社の役目です。応募者の方には、技術者として、お客様の意思決定につながるようなアドバイスを行って頂きたいと思っています。現場での経験を活かしながら、幅の広い仕事を手掛けられる醍醐味があります。これまでに培った経験をもとに、お客様の事業戦略を実現に導く建設のゼネラリストを目指しませんか。

設計をご希望の方へ

設計・建設支援本部 副本部長
林 敬三

大型プロジェクトを取りまとめる
中心的な役割を担って頂きます。

当社では計画段階の初期からプロジェクトに関わることも多く、お客様から直接ニーズを聞きとり、建築物を創り上げていく臨場感を味わいながら進めていくことができます。当社が得意とする物流施設は、現代社会に欠かせないインフラです。建築プロジェクトを取りまとめる中心的な役割として多くのと意見を交わしながら、チームで結果を出す喜びと社会に貢献する活躍できます。今後は商業施設やコンパクトシティにもチャレンジします。経験の浅い若手でもポテンシャル次第で早期に活躍できるチャンスがあります。チームでプロジェクトを担当するため、力を借りながらスキルアップも望めます。

一緒に成長したい方へ

常務取締役
栄坂 均

成長する会社で、一緒に成長。
お客様と仲間で作り上げる”Fun”がある。

フクダ&パートナーズの「建設・不動産に関わる中立的で複合的なサービス」は、幅広いお客様の支持を頂きながら国内はもとよりアジアにもフィールドを広げています。営業マンと技術陣が互いの知見を持ち寄ってお客様の課題解決に貢献し、プロジェクトを成功に導いてきた数多くの事例の積み重ねが社員の誇りです。これからも成長を続けていくために、高い専門性とチームスピリットに富んだ人材は欠かせません。お客様の事業の成功を支える重要な役割を担う、やり甲斐あふれる仕事に共に取り組み、喜びを分かち合いましょう。

入社5年以内のメンバーからの一言

16期入社
設計・建設支援本部
設計第一部 課長
河村 雅博

時代が変われば、人々の意識も変わり、ニーズも変化していくのは必然ですね。
しかも現代はその変化が非常に早い。当然それに対応すべく企業も変化し、適応していく必要があります。そして新しいニーズへの対応とは、言い換えれば”新しい仕事”を作ると言うこと。
当社に入って思ったことは、この”新しい仕事”がとても沢山ある。「こんな仕事、あんな仕事もあるんだ!」と日々感じるところです。お客様のニーズに合せ、常に最適解を模索している結果ですね。
それこそ企業として時代に適応していく実感がありますよ。

16期入社
設計・建設支援本部
建築部 課長
真田 大介

 前職はゼネコンで現場代理人として、建物の建設に携わっていました。ある時、建物の建設に違った立場から今まで積み上げてきた知識や経験を活かしてみたいと思うようになり、出会ったのが当社でした。施主に近い立場から建物の建設に携わる事ができ、自分の知識や経験を活かせる会社だと思い入社を決めました。
当社に入って真っ先に良かったと思うことは、家族や自分の為に使える時間が多くなった事です。前職では、帰宅時間も遅く(帰宅出来ない日の多々)、土日祝日も現場の工程優先であまり休むが出来ませんでした。当社に入社してからは、仕事は「時間内に終わらせる」と常に思い、仕事の優先順位を付け計画的に仕事をこなしています。

15期入社
設計・建設支援本部
建築部 主任
高取 大

前職では施工管理をしていましたが、以前から上流の計画段階で建築に関わりたいという思いがありました。転職活動中にプロジェクトマネジメントという業務を知り、その中でもこの先需要が拡大するであろう物流業界を専門としたこの会社の経営方針と、社長のエネルギーに大きく心を動かされ、この会社に入社しました。
当社はプロジェクトにチーム一丸となって取り組む姿勢が強く、他部署も近い距離にいるので様々な専門家に相談できる環境が整っています。まだまだ技術者としての経験が浅い私ですが、様々な分野の方とコミュニケーションが取れ、大いに知識や経験を積むことができていると実感しています。
また、プロジェクトマネジメント業務の他にも監理業務に携われる機会もあり、様々な立ち位置で仕事ができることに面白さを感じます。
若い方でまだスキルに自信のない方でも、この会社であれば様々な経験ができ、ゼネラリストとして成長できると思います。
プロジェクトマネージャーとして上流の計画支援をしたい方や工事監理をしたい方、One More Tryの精神でぜひ一緒にお仕事ができればと思います。

15期入社
設計・建設支援本部
設計第二部 担当課長
鈴木 信太郎

設計部ではお客様との距離をより身近に感じながら建築物を設計する醍醐味があります。お客様の要望を形に落としていき、企画〜実施設計、設計監理、設計監修を主な業務として行っています。
当社は大変幅の広い業務を行っており、設計を通して建築の始めから終わりまでを経験することができます。実際にプロジェクトの竣工引き渡しが終わった後、お客様に喜んでいただけたときは、感慨深いものがあります。チーム一丸となってプロジェクトを進め、社会貢献できる会社だと感じています。
社員も老若男女、多方面の業種から集まった様々な背景をもったメンバーがおり、社内の雰囲気も良好で、常に新しいことに挑戦できる環境があり、仕事の幅が広がるフィールドが当社にはあります。

16期入社
設計・建設支援本部
建築部 担当部長
所畑 一衛

私は、前職は建設会社で施工管理に長い間携わってきましたが、よりお客様に近い立場で経験活かした仕事を行いたいと思い当社に転職しました。
まだ、入社わずか10ヶ月ですがプロジェクトマネージメントや工事監理、工事概算費算出、建物診断調査などの業務に携わっています。業務において、お客様の要望や意見などの声を直接聞き、パートナーの立場で関わることで、仕事に対する新たな楽しさとやりがいを感じています。
社員全員が中途入社のため、お互いを尊重しあいコミュニケーションを図る社内の雰囲気がとても良いと思っています。

14期入社
国際事業部 アジア事業室
ミャンマー事業課 担当課長
熊谷 浩一郎

大企業では、なかなかできないような様々な仕事に挑戦でき、経験することが出来ます。何事に対しても好奇心と挑戦しようという気持ちがあれば会社からチャンスを与えて貰える機会も、大きな会社に比べると多くあります。社員は建築系だけでなく多様な職種から集まっているため、些細なことでも気軽に相談できる雰囲気があります。
私は現在、ミャンマーに駐在しています。ミャンマーでは、まだ案件は多くありませんが、業務範囲が多岐にわたるので、社内に相談できる相手がいることは、とても心強いです。海外では日本の常識が通じない事も多く、悩み・戸惑うことも多々ありますが、上司や先輩にアドバイスをもらい助けてもらっています。お互い助け合い、成長していく社風があると感じています。そういう環境で自分も成長し、社会と仲間のために働ける事が当社に入って良かったことです。

11期入社
営業支援本部
営業第一部 担当課長
勝間田 さおり

営業事務職で入社しましたが、育児休暇から復帰後、営業職にチャレンジしています。営業職3年目の現在はお客様の担当窓口として、上司や先輩のサポートを受けながら複数のプロジェクトに取り組んでいます。法人営業は未経験でしたが、分からないことは上司や先輩が丁寧に教えてくださるので、安心して業務に取り組めますし、少しずつ自分でできるようにサポートをしてくださいます。  子育てや介護など、様々な働き方応援してくれる会社制度もあり、年齢を問わず働きやすい雰囲気があります。
お客様の大事なプロジェクトの品質確保、スケジュール管理、安全性の確保等、責任が重く、経験や知識を必要とし、大変な仕事ではありますが、営業・設計・建築のチームが一丸となり、良い建物を造り、お客様に喜んでいただけた時はとても充実感があり、やりがいを感じます。
土地探しから建物引渡しまで、様々な過程で豊富な知識が必要となる為、これからも日々勉強し、経験を積み、もっとお客様に喜んでいただける施設づくりを目指します。

15期入社
営業本部 SCM営業部
下元 麻世

入社3年目を迎えて思う事は、私たちが取り組んでいる仕事の重要性です。
物流は、生活する上で欠かせない重要なインフラとなっています。物流施設を作ることは、私たちの生活を豊かなものにするための一端を担っているということを日々感じています。
営業アシスタントという立場ですが、お客様と密にお話をさせていただける機会を与えていただき、事業を組み立てていく途中経過を肌で感じることが出来ます。案件ごとにプロジェクト形成し、チームとしてプロジェクトを推進していくため、やり遂げた時の達成感を共有し合える喜びを感じる事ができます。